チタンショップGK:64チタンボルト、チタンナット、バイク用チタンボルト、自転車用チタンボルト、リガチャーネジ




チタンボルト
HARLEY チタンボルト
自転車 チタンボルト
リガチャー チタンボルト

カートの中身



なつかしのWINDY PCケースALCADIA XR-1の排気FAN改造

当時からもう何年も使用している今は無きWINDYのALCADIA XR-1の改造をします。
XR-1はつくりは強固で吸気FANが120mm×4と当時圧倒的に多かったのですが、排気FANは92mm×2と少なく小さく空気の抜ける穴が少ないので窒息ケースとして有名?でした。
さらにこの92mmFANが曲者で非常にうるさいです。
私の考えでは空気の流れをうまく考えれば結構いいケースだと思っていますのでここは120mmFANに変更して末永く使おうと思っています。 加工前の後ろ姿はこんな感じです。
ALCADIA

まずこのチンケな排気FANの穴を拡大します。
マジックで大体の輪郭を描きます。
いい加減ですが、まあこんなもんでしょう。
ALCADIA

輪郭にあわせてドリルで適当に穴を開けていきます。
やっつけなので非常にいい加減ですが、FANがちゃんと取り付けられて排気がされれば問題ないでしょう。
ALCADIA

さて、ここからが本番です。
ドリルの穴をのこぎりやヤスリでつなげて穴状に切り落とします。
気合と根性で汗だくになりながら削ります。
結構寒い気候だったのですが、頭にタオルを巻いていないと汗が垂れるほどでした。
電動のジグソーがあればあっという間でしょう。
ALCADIA
削ったら120mmFANをつけて上の92mmFANの穴をプレートで塞いで終了です。
穴のプレートはアルミで作りました。
ALCADIA
この改造のおかげで相当静かになりました。
さすが120mmFANです。
これでPWM(Pulse Width Modulation)ならもっと静かにできそうです。
私はこの改造ケースでXeonE5 8core、メモリ32G、HDD 4機を動かしています。
さらに中のFANを2個止めてますが十分冷えますヨ。
Alcadiaを使用している方にはぜひお勧めの改造でした。


ページ内検索 help


(累計)CGI's
(本日)CGI's
(昨日)CGI's
Copyright (C) 2015-2018 GK. All Rights Reserved .